チョーカーはサテンリボン

読書記録や思っていることなど、つらつらと書いているブログです。どうぞお気軽にお立ちよりください。

「秋元康カルタ」を作ってみた

 

sinkin66.hatenablog.com

 

主催者さんのこちらのツイートとブログを見て私も作ってみました。

素敵な企画をありがとうございます。かなり迷った個所もあって泣く泣く削った歌詞もたくさんあるのですが、好みが見えていいですねえ。

他の方のブログやツイートも拝見させていただいております。

は!その歌詞もいい...!となってばかりでとても楽しいです。

 

それではいざ!

 

 

あ 

 

愛とはぬくもり 一人ぼっちにさせないよ

(ここじゃないどこか / 乃木坂46)

 

い 

 

いつの日からか孤独に慣れていたけど
僕が拒否してた この世界は美しい

(君の名は希望 / 乃木坂46)

 

 

生まれた日からすべてのことが
どうなるかって決まっている

(あらかじめ語られるロマンス / 乃木坂46)

 

 

永遠ではないもの 花の儚さに似て

(命は美しい / 乃木坂46)

 

 

横断歩道 渡っていつも思う

こんな風に心に信号があればいい

(きっかけ / 乃木坂46)

 

 

過去がどんな眩しくても
未来はもっと眩しいかもしれない

(帰り道は遠回りしたくなる/乃木坂46)

 

き 

 

紀の善であんみつ食べられれば
それ以上の贅沢は望まない

(他の星から / 乃木坂46)

 

 

唇重ねて塞ぎましょう

理屈っぽいそんな会話は…

(心のモノローグ / 乃木坂46)

 

 

汚れなきものなんて
大人が求める幻想

(制服のマネキン / 乃木坂46)

 

 

これが恋なら夢で会いたい

(おいでシャンプー / 乃木坂46)

 

 

サヨナラに込めた永遠こそ僕の誓い

(君はメロディー / AKB48)

 

 

知らぬ間に傷つくのは 心の柔らかい場所

(硬い殻のように抱きしめたい / 乃木坂46)

 

 

ずっと繰り返して24時間
君だけリクエスト中

(ヘビーローテション / AKB48)

 

 

せっかちな(せっかちな)かたつむり(かたつむり) 今回こそは上手く行く

(せっかちなかたつむり / 乃木坂46)

 

 

存在するだけで 影響 与えてる

(インフルエンサー / 乃木坂46)

 

 

誰かがあなたに恋をしている
だけど何も気づいてない 鈍感な人

(告白の順番 / 乃木坂46)

 

 

小さい頃から ブランコが好きで
シーソーに乗っている時は ただ相手に合わせた

(今、話したい誰かがいる / 乃木坂46)

 

 つ

 

つづく 終わりじゃないよ
そばにいなくても

(つづく / 乃木坂46)

 

 

でこぴんをひとつされた時
新しい恋に気づいた

(でこぴん / 乃木坂46)

 

 

どんな多くの人にそれなりに愛されるよりも たった一人の大事な人に愛されたかった

(世界で一番孤独なlover / 乃木坂46)

 

 

なぜ人は誰も 目の前にあるこの幸せだけで
今日を生きられないの

(ないものねだり / 乃木坂46)

 

 

2度目のキスから目を覚ませ!
飲み込まれるな!

(二度目のキスから / 乃木坂46)

 

 

 

抜け駆けの楽しみ
二人のシークレットグラフィティー

(シークレットグラフィティー / 乃木坂46)

 

 

ねえいくらでも流しなよ
僕の胸に顔埋うずめ
大きめのハンカチと思って

(何もできずにそばにいる / 乃木坂46)

 

 

乃木坂がどこにあるかなんて
僕らは何も知らずに来たんだ

(乃木坂の詩 / 乃木坂46)

 

 

パパやママに言えない 秘密の話
いっぱいこの海に流したら忘れよう

(ガールズルール / 乃木坂46)

 

 

必然はなかなか来ない きっと順番待ちだ

(偶然を言い訳にして / 乃木坂46)

 

 

 

ブレザー脱いだ生徒が多くなって来た校庭で 真っ白なシャツが眩しい

オセロは白の勝ち

(トキトキメキメキ / 乃木坂46)

 

 

部屋の灯りを点けないまま

こうしていたいの

(誰よりそばにいたい / 乃木坂46)

 

 

僕らの前を通り過ぎてく

そう君に恋をしてる

(オフショアガール / 乃木坂46)

 

 

窓ガラスに映る自分は
いつしか歳をとっていた

(日常 / 乃木坂46)

 

 

見つめあった瞳が星空になる

 (サヨナラの意味 / 乃木坂46

 

 

胸の奥のカーテン
恋の妄想 膨らませてる

(ぐるぐるカーテン / 乃木坂46)

 

 

目を閉じてみれば聴こえて来るだろう
君が出しっ放しにしてる音

(何度目の青空か?/ 乃木坂46)

 

 

もし 出会いが偶然なら
さよならも巡り合わせ

(地球が丸いなら / 乃木坂46)

 

 

やさしさとは何なんだろう?

君に駆け寄る速さか

(やさしさとは / 乃木坂46)

 

 

指だけ 指だけ 指だけ 指だけ 動き回っても 奏でるメロディー 昂まる感情 伝わらない  

(ショパンの嘘つき / 乃木坂46)

 

 

ようやく今 泣き方を知った 頭の中 空っぽにして 俯けばいい

(涙がまだ悲しみだった頃 / 乃木坂46)

 

 

落下のスピードで
君への想いが伝わるだろう

(スカイダイビング / 乃木坂46)

 

 

理想だけでは生きて行けない

愛は無力なものだね

(行くあてのない僕たち / 乃木坂46)

 

 

ルイボスティーを飲みながら
なぜ 一人微笑むの?

(裸足でSummer / 乃木坂46)

 

 

恋愛の入り口に

気づかない方が僕たちらしい    

(風に吹かれても/欅坂46)

 

 

ロマンティックいか焼き
「なんか腹へって食べたくなった」

( ロマンティックいか焼き / 乃木坂46)

 

わ 

 

若さに甘えられない
ちゃんと自分の足で歩いてくんだ

(制服を脱いでサヨナラを… / 乃木坂46)

 

 

 

 

 

「ないものねだり」によせて

この時期になると、毎年聞きたくなる歌がある。この歌を聞くたびに私は、恐れ多いながらもこの歌に自分の生きてきた道を重ねてしまう。それくらい、この歌は胸にすっと馴染んで離れない。冬に微睡みながら聞きたくなるようなそんな歌。僭越ながらその歌に対する思いを今回はつらつらと書きたいと思う。

 

 

「ないものねだり」サヨナラの意味収録曲 橋本奈々未ソロ曲

 

 

『なぜ人は誰も 

目の前にあるこの幸せだけで 

今日を生きられないの

もう十分でしょう 

 

私ないものねだりしたくない』

 

 

 

この部分を聞くたびに、これを歌っている彼女は何を考えながら歌っていたんだろう、と思う。それと同時に、目の前にある幸せだけで生きていけたらどんなにいいだろう、とも思ってしまう。すごく幸せだ、と思っていても違う楽しみが目の前を横切ればそれに目が行ってしまうように、そういう風に私たちはできている。本当ならば少しのもので満たされていたい。けれど、やはり他人が羨ましくなって真似したり、自分が疎ましくなって目を逸らしたりするものではないだろうか。ないものねだり、してしまう。自分にないものばかり欲しがって、そのくせ手に入ったらさほど興味は持たないのだ。

 

 

『何かを失うなら
そこまでして欲しいものは1つもない
いま持っているすべてが
私のすべてでいい

 

そう
目が覚めてもこのままでいい』

 

 

 

ないものねだりしてしまうけど、何かを失うのは怖い。分からないからこそ、余計に怖い。髪を結んでいるゴムがぱちんと切れて、一瞬にして形あったものが崩れていくような感覚。それを味わうくらいなら、もう何も望まなくてこのままでいい。この気持ちも、ものすごく共感できる。ないものねだりばかりしてしまう生き物だといっていたことと矛盾してしまうけど、この矛盾こそが「生きている」という感覚のような気がする。

 

 

芸能界を引退すると決めていた彼女は、どんな思いでこの曲を収録し、コンサートのアンコールで歌ったのだろう。私はその場に居なかったから何も言えないけれど、一度、この歌を生で聞いてみたかった。まあ、それももう叶わぬ願いなのだけど。

 

 

公式チャンネルにてMVが公開されてますので是非。

www.youtube.com

 

 

 

もうすぐ冬ですね。お元気ですか。私はまた、貴方の歌を今年も聞きます。

 

それでは。

 

 

 

私の神さま

26歳のお誕生日おめでとうございます。今日一日、あなたは何を思って過ごしたのだろう。日付が変わった瞬間はやっぱり嬉しいって思うのかな、等身大の女の子のように。たくさんの人におめでとう、って言われたのかな。きっと多くの人におめでとうを言われていて、わたしのおめでとうなんてちっぽけでちっぽけで微かなおめでとうかもしれないけど、言わせてください。お誕生日、おめでとうございます。生まれてきてくれてありがとう。

 

 

まいちゃんを好きになって、乃木坂を好きになって、いつかはあなたが乃木坂を出て行く未来を考えたとき、好きにならなきゃ良かったって正直考えたことがある。恋愛と同じだった。叶いもしない恋愛をしていたことがあったから、それと重ねて、こんな思いをするくらいだったらもう好きにならなきゃ、知らないまま死んでしまいたいと感じたこともある。でも、今ではちゃんと、好きになってよかったって思えるようになったよ。私の軸にあなたが影響していることあまり多くの人に伝えてはないけど、それでも。ちゃんと、胸張って好きでいてよかったって思える。それほど夢中になることを人生の中に見つけられたこと、誇りに思うよ。

 

 

いつか出て行く日のこと、想像しては心の準備をし、毎日を過ごしている。きっとその日がきたら吹っ飛んでしまうだろう心の準備だけど、やらずにはいられないんだ。

 

 

まいちゃん、って呼ぶと、なんだか友達みたいで、私はこっそりよくこの呼び名を使う。まいちゃん。等身大の女の子のような呼び名。

 

 

今日のうちに更新しておきたかった。
平成最期の君の誕生日。

 

 

それでは。

推しと私と世界線

ツイッターでつぶやいたことのまとめのような記事です。
ここでいう推しとは乃木坂46白石麻衣星野みなみを指しますが、自分の推しに置き換えて考えてもらうと分かりやすいかもしれません。


自分の推しに会いには行きたいが、世界線に踏み込みたくはない。この矛盾を私はいつも抱えている。私は基本的に推しのことを人間だと思ってないので(質のいい人形が踊っているような感じにどうしても脳が思い込んでしまう)実際に自分の目で見て、ああちゃんと生きてるんだな、動いているんだなって確かめたい気持ちが大きい。あわよくばライブを構成した1人になりたいし、一緒の空間を作り上げたという心が欲しい。まあそれだと推しからすると私はライブに来てくれた1ファンという位置付けになるだろう。世界線にはぎりぎり踏み込んでない。セーフ。しかし握手会となると話は別だ。私の推しのいるグループは定期的に握手会を開催しているのだが、私はそれに行くことになってしまった。会いたい気持ちが世界線に入りたくない気持ちを通り越してしまった。うわ〜〜!最高に自分と矛盾してるじゃん!っていう。まあそれだけの話なんですけどね。ただ、いくら好きなアイドルがいようと間近でアイドルが自分だけを見てくれる空間を保証してくれるという経験ができるアイドルって少ないんじゃないですかね…と考えると、行っておいた方がいいんじゃないだろうかと思ったのが今回握手会に行こうと思い立ったきっかけである。でも、私の番になると推しが私しか見ていないってちょっとすごいな、って思う。その子の人生の時間の中のほんの何秒か、私を見つめてくれた時間があるってものすごいことだ。目なんか合わせたら死ぬんじゃない。頭が最高にパニックになる自信しかないけど、言い逃げするような形になっても幸せになってね!とだけは伝えたい。卒業した後に芸能界を引退してもしなくても、結婚してもしなくてもいいから、私を幸せにしてくれた推しには幸せになって欲しい。

 

私は自分が未熟な人間だという自覚が人一倍あるから、歳を重ねるのが怖い。年月ばかりが積み重なって置いていかれることに怯えがある。だけど、だいすきで憧れな星野みなみちゃんが私と同い年ということが、私を救い続けている。私は星野みなみちゃんと同じ時間軸で歳をとり、同じ時間の分だけ進んでいくのだ。平等な時間が流れ、私も彼女も生きている。これは同い年の特権である。同じ時間を過ごし、彼女も歳をとるのだという揺るぎない事実が私を支えているのだ。まあ、いいかな、と思えてくるから不思議だ。まあ、なんとか生きていけるだろうということも。

 

これから時が過ぎてどんな風になるのかは誰にも分からない。もしかしたらものすごいことが起こってグループが潰れちゃうかもしれないし、君はいなくなってしまうかもしれない。それでも、君のいる時代を知っていることは私にとって誇りそのものです。同じ時間に生きてくれてありがとう。


余談ですが、初めて行った乃木坂のライブが平成最期の夏で、推しが同じトロッコに乗って私の元へとやってきてくれたという現実があまりに儚くて震えています。えっエモすぎる。何も言えない。平成最期のドームは光と君の笑顔の記憶。


それでは!

オクラ

私がたまに行くカフェの定食のプレートに乗っているオクラが物凄く美味しくて大好きなので今回はその話をしようと思う。

 

そのカフェはこぢんまりとしたカフェで、静かでシックで居心地がいい。友達と行ったりするのに丁度いい。少し遠いんだけどね。あ、久しぶりに会う友達と話すのには向いていない。なにせ狭いから。隣の人の会話とかすごい聞こえてきて、悪いと思いつつも聞き入ってしまったりする。ごめんなさい。だって狭いんだもん。


そのカフェには昼にも夜にも行ったことがあって、オクラは昼夜問わずプレートディッシュなら付いてくる。ビーフだろうとチキンだろうと。まず、噛んだ時の食感が、これがオクラ!?というくらい柔らかい。こんなにオクラって、柔らかくできるんだろうか…と思ってしまうくらい。私は元々オクラが好きでよくこの時期は食べるんだけどこんなに柔らかく煮ることができたことはない。オクラがほぐれる、ってすごい。ふにゃん、ってしてるの、すごくない?フォークで刺せない。一緒に乗っかってるマヨネーズに合わせて食べる人が多いんだろうけど、私は頼んだご飯のソースに絡めて食べるのが好き。中身が出ちゃうくらい柔らかくてほろほろのオクラが口で溶けるのが好き……作ってる人教えてほしい。あと何で年中オクラが出てくるの?プランター栽培でもしてるのかな…(余談ですが私は茹でたオクラを鰹節と梅干しで和えるのが好きでよく作ります。おいしいよ!しゃきしゃきしたほうがいいならあんまり長い時間茹でないほうがよい)

 


私が頼んだランチのお肉1枚と友達のオクラを交換して欲しいって頼んだら、え?なんでオクラ?みたいな顔されたけど私にとってこの店のオクラはお肉に値する。ねばねばもほどよくて不快じゃない…1日10本くらい食べたいんだけど本当にレシピを教えてほしい。でもそういうのって自分で作らないところに意味があるんだろうね。

 

 

また食べに行きたいな。私はもはやそこのお店にご飯を食べに行くというよりオクラを食べに行ってる感覚に近い。


それでは!

 

 

 

 

あなたのために書きたい

タイトルは、生田絵梨花ソロ曲「あなたのために弾きたい」のオマージュです。

 

 

初めて誰かの手を繋いだ日のこと、覚えていますか?私は残念ながら覚えていない。幼稚園の帰りに母親とかもしれないし、もしかしたら友達の誰かかもしれない。そういう過去の記憶があることは幸福なことだと思う。思い出しながら未来を歩いていけるからね。でも反対に、私はないことも幸福だと思うよ。こうだったかもしれない、ああだったかもしれないって想像することも幸福に値すると思う。知らないことがいいことだってたくさんあるわけで、人の数だけ幸福があるわけで。少しでもそうやっていいことが積み重なるといいな。って思いながら日々生活してる。最近あまりにも暑すぎてばてそうだけれども。

 

 

書き方的にはあまりよくない表現かもしれないけど、最近はあと余命が1年だったら、って体で生きてる。やりたいなって思っていたことをついつい後回しにして、いざ勇気を出してやってみたらそれは意外と簡単なことで、もっと早くにやっておいたらよかったのではとなるパターンにあまりにも嫌気がさしたので、ね。買いたいものは買ってるし聞きたいものは聞いてるし行きたいところには行ってる書きたいことは書いてる。好きな色の洋服着たりリップ付けたりバーに行ったり。すぐ死んでもいいように。後悔だらけの人生だけど、やり残したことの数は少ない方がいいかな、とか考えちゃうから。

 

 

お友達のブログに、他人のブログを自分の為に書いてくれている文章だと思って読んでる、というような内容が書いてあって、読み手の受け取り方の形は人それぞれだよねと思った、からいくえりのソロ曲をパロディして今回はタイトルをつけてみたよ。私はきっとあなたのために書いてるし、知らない誰かのためにも書いてる。受け取ってくれたらいいな、読んだらポイしていいし。私の自己満足を誰かが覗いてくれたら、少しだけうれしいな。いや、少しだけじゃないかも。すごくうれしい!

 

乃木坂のライブに応募した。推しと同じ空気が吸いたい。当たるといいな。

 

それでは!

 

 

 

 

わたしなりの降谷零入門

今年のコナンの映画を見て、降谷零をもっと知りたい!と思った方向けの、あくまで

わたしなりの降谷零入門です。

大好きなお友達にお勧め回があるなら教えて欲しい!と言われたので張り切りました!暫くツイッターは鍵かけているけど、せっかく纏めるのならいろいろな方に見て頂きたいのでブログとして残します。気を付けてはいますが、話数や巻数などに間違い等ございましたらお手数ですがご指摘お願い致します。

 

 

まずは、これは見ておいてほしい、というものから。

補足は後述で書き足します。

安室透の登場回はすべて見て欲しいけど、これだけは!というものだけここでは取り上げます。時間があったら是非全部見てみてくださいね。

 

667話~668話 ウエディングイブ(前後編)原作75巻

安室透としての初登場回。ああっ暴力は...(お前が言うか)

 

671~674話 探偵たちの夜想曲シリーズ 原作76巻

毛利小五郎の事件に同伴。 RX-7のドアが半壊。 巧みな話術で探偵事務所PCのパスワードを入手。(のちにハッキング)

 

699~700話 灰原の秘密に迫る影(前後編)原作77巻

上の事件時に手に入れたパスワードでハッキングし探偵事務所に届いていたメールを確認するも、沖矢にそれをハッキングされているというWハッキング状態に陥る。 セキュリティガバガバでこの事務所心配...

 

701~704話 漆黒の特急シリーズ 原作78巻

バーボン初登場回 灰原を死なせないために特別ゲスト入りでなんやかんやします。

火傷赤井(後述)=安室透 判明回(今回はベルモットだけど)

1話目に安室はいないけど見ておいてね。

 

705・706話 密室にいるコナン 謎解きするバーボン 原作78巻

安室透=バーボン しかし降谷零とはばれていない状態で物語は進んでいくので、コナンくんの必死で焦った顔がポイント。 冒頭の灰原も可愛い。

 

734話 ジョディの追憶とお花見の罠 原作80・81巻

火傷赤井についての説明回。

 

770~771話 ギスギスしたお茶会(前後編) 原作84巻

昔のあだ名がゼロ、エレーナとの回想など、降谷零に関する過去の話がちらほら。

緋色シリーズにそのまま続く。

 

779~783話 緋色シリーズ 原作84・85巻

赤井秀一の死(後述)の伏線が綺麗に回収される回。

降谷零初登場回 スコッチというコードネームの男がいたこともここで判明。

途中ある、コナンくんに対しての安室の台詞の「僕のことを少々誤解しているようだ...」は、ベルモットに盗聴器を付けられているため、本当のことが言えない安室が発した嘘ですが、アニメだと盗聴器の下りがカットされているので少し??となるかもしれない。

頭に入れておいたほうがスムーズに見れるかも...??

バーボンがベルモットの秘密を握っていることも判明。

 

流れがありますのでギスギスしたお茶会からそのままご覧ください。

 

 

836~837話 仲の悪いガールズバンド(前後編)原作88・89巻

世良と安室が昔会っていたことが判明。 スコッチが公安の人間だということも判明。

スコッチは赤井に殺された人間だということも...

 

866~867話 裏切りのステージ(前後編)原作90巻

赤井に殺されたスコッチの本当の死因が判明。 真相を安室は知らないまま...

 

898話 ケーキが溶けた! 原作無し(アニオリ)

執行される前にはぜひ!ここ数年では珍しい直球の導入。 コナンくんと安室の考え方の違いに注目してみると楽しいかも?

 

補足の後述

 

火傷赤井

赤井が死んだことに疑問を持った安室が変装して、本当に死んでいたか確かめていた。

アニメ563・564・579・580・581・675話 原作65・67・76巻に登場

 

赤井秀一の死

495~504話 赤と黒のクラッシュシリーズ 原作57~59巻

赤井が死ぬまでの流れ。真相や種明かしは緋色シリーズで。

 

少し話はそれますが、ベルモットが度々バーボンに対して発言する「私との約束」

は、コナン(新一)と蘭に危害を加えないこと。

なぜベルモットはコナンと蘭を守るのかは、

286~288話 工藤新一NYの事件 原作34~35巻 をどうぞ。

通り魔=ベルモット、は345話 黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー 原作42巻 にて判明。

ベルモットシェリー(灰原)を恨んでいるのに、幼児化したことを上へ伝えないのはコナンと蘭を危険にさらさないため。(幼児化したと伝えると、灰原の近くにいたコナンや蘭は真っ先に疑われてしまう)

 

 

参考資料 安室透/バーボン/降谷零 シークレットアーカイブスplus ~劇場版「ゼロの執行人」ガイド~

 

 

また書き足すかもしれないです。とりあえず今日はこの辺で。

楽しいコナンライフを!